オクトラ大陸の覇者,JPをテキトーに割り振っているとヤバい件

ゲーム

10月28日に正式リリースを開始した、シングルプレイ専用RPG

 

  オクトパストラベラー大陸の覇者

 

 

 

キャラクターのアビリティ習得にはクラスボードを開放する事で能力を強化出来ますが

テキトーにJPを割りふっているとヤバいかもしれない事に気が付いた!

 

そんなワケで、JPについて気付いた事を簡単にまとめてみたので、参考になれば幸いです。

2020年11月1日時点での話。

スポンサーリンク

抑えておくべきポイント3つ

 

・獲得できるJPは有限で、無限では無い

 

・★5キャラクターの場合、全てのクラスボードを開放するなら196JPが必要

 

・特殊アビリティ・バトルアビリティ

 

まず、いきなり本題と言うか結論を言ってしまうと

 

結論

現状では、レベルMAXにしてもクラスボードを全て開放する事が出来ない!と思う。

なぜなら

クラスボード全部を開放するのに必要になるJPは196なのに

レベル80でMAXだとした時に獲得しているだろうJPは、88

レベル100でMAXだとした時に獲得しているだろうJPは、101

どう足掻いても95JPは、足りないんです!!!

 

スポンサーリンク

★5キャラクターの場合、全てのクラスボードを開放するなら196JPが必要

 

そこで今回、僕の手持ちのキャラの★5ギルデロイを例に出して解説していこうと思います!

まず、スクショしたクラスボードを観てもらいたいのですが

★1

 

★2

 

★3

 

★4

 

★5

 

それぞれのクラスボードで、全てのクラスボードを開放するのに必要なJPは、大体こんな感じになります!

★1は、11JP

★2は、26JP

★3は、37JP

★4は、51JP

★5は、71JP

 

つまり、全てを開放しようとすると、196JPが必要になるワケです!!!

これは、レベルが1上がる毎にJPを1獲得したとして、現状の★5MAXレベルが80。

レベル10…レベル20…レベル30という様に、レベル10毎に2JPを獲得出来たとしても88JPで打ち止め!

 

結果、全てのクラスボードを開放する為には、108JPも足りないんです

。・゜・(ノД`)・゜・。

 

もちろん、リリースされたばかりなので今後、クラスボードを全て開放する為の「何か」が、いつかは実装されると思いますが、、、

 

いや、そう思いたいので、ここからはその未来を妄想していきたいと思います(笑)

これは、僕の希望的観測によるものである事を、ご了承ください!

あくまでもひとつの考え方として、参考までにw

 

俗に言う、アビリティーボードとかクラスボードでアビリティー(スキル)を解放していき、キャラクターのステータスを上昇させるタイプのゲームは、レベルMAXで全てのボードを開放出来るゲームと

レベルMAXでも全てのボードを開放出来ないゲームがあり、オクトパストラベラー大陸の覇者は、現状だと後者だ。

 

今後、

日替任務の報酬

週替任務の報酬

功績の報酬

NPCとの会話から獲得

宝箱からJPの入手などなど…

 

上記の様な事があるかもしれない。

でも今は、そうではないワケなので…

じゃあ〜どうしたらいいのか?と言う事ですが

僕は、これをおすすめします!

⬇︎⬇︎⬇︎

スポンサーリンク

特殊アビリティ・バトルアビリティ

 

JPのおすすめの使い方

 

特殊アビリティバトルアビリティ優先して開放する事!

なぜなら、この特殊アビリティとバトルアビリティこそが、キャラクターの最大の個性だからです。

 

例えば

商人なら、挑発で敵の注意を引き付けてタンク役になれたり

踊り子なら、○○の舞・○○の鼓舞でバフをかけれたりします

これらは、どちらも特殊アビリティ・バトルアビリティになります。

 

故に

この特殊アビリティ・バトルアビリティを習得することは、バトルでの戦術・戦略性の向上に直結する為、優先的に開放するべきと言えると思います。

 

★3・★4・★5で、単体に効果のあるもの全体に効果のあるものが、キャラクターによってそれぞれですが

その辺のバランスは、ご自身の手持ちのキャラクターの組み合わせ次第かと思いますので

前衛・後衛の配置も含め、色々試してみてください(笑)

 

以上、JPをテキトーに消費して能力を開放するのは、ちょっと待て!

と、言う話でした。

スポンサーリンク

まとめ

 

・獲得できるJPは有限で、無限では無い

・★5キャラクターの場合、全てのクラスボードを開放するなら196JPが必要

・特殊アビリティ・バトルアビリティ

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました