小山薫堂(放送作家)は、京都の料亭「下鴨茶寮」の代表取締役社長だった!

未分類

度々、メディアに取り上げられている放送作家・脚本家として活躍されている小山薫堂さんが、実は京都の料亭の代表取締役社長をしているらしく、どんなところなのか気になったので調べてみました!

 

小山薫堂さんを知らないという方もいるかと思いますので、小山薫堂さんについても調べてみました!

 

早速、見ていきましょう!

スポンサーリンク

 

小山薫堂(放送作家・脚本家)として活躍

 

出典:http://www.topnews.jp/

 

プロフィール:小山薫堂(こやまくんどう)

生年月日:1964年6月23日

出身:熊本県

学歴:日本大學藝術学部放送学科

京都造形芸術大学副学長・芸術学部教授

 

放送作家・脚本家、大学教授、さらに多くの著書を出版していたりと、色々な顔をもっていて、本当に多岐に渡り活躍されているんですね!

 

そして、一度は聞いたことがあるんじゃないかな?

というのが、この映画!

 

おくりびと

 

2008年の日本映画である『おくりびと』脚本小山薫堂さんがしています。

 

滝田洋次郎さんが監督を務めた作品で、第32回日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞しています。

もっくんこと本木雅弘さん広末涼子さんの演技が素晴らしく、ラストの納棺のシーンは何度観ても泣いてしまいます。

 

そして、小山薫堂さんの出身は熊本県なのですが、その熊本県のゆるキャラご当地キャラクターとして有名なのが

 

くまモン

ですね!

 

 

くまモンは、熊本県庁が2010年より「熊本サプライズ」キャンペーンにおいて展開している熊本県PRマスコットキャラクターです!

2020年に10周年を迎えます!

10th ANNIVERSARYのロゴ入りでマグカップなどの

10周年グッズも販売されているみたいです。

 

 

出典:https://cnvrsblog.info/

 

そして!そして!

 

そのくまモンの仕掛け人、産みの親は、小山薫堂さんなんです!

 

くまモン商品の売上高は1000億超えになっているらしく、くまモンが愛されている事がこの数字からもよくわかりますね!

スポンサーリンク

 

京都の料亭「下鴨茶寮」代表取締役社長だった!

 

京都の料亭「下鴨茶寮」は創業1856年(安政3年)という老舗なんですね。

創業から3年以内に倒産する会社が多い今、創業から160年も続いているというのは、凄いですよね。

 

出典:https://www.atpress.ne.jp/

 

京野菜の懐石料理抹茶に、世界遺産の下鴨神社でのブライダル・披露宴・ウエディングという事も行なっているみたいです。

 

そんなのもう反則みたいなもんじゃないですか?(笑)

老舗料亭と世界遺産がタッグ組んでイベントしてくれるなんて!

もう夢のコラボレーションです!

絶対、良いに決まってるじゃないですか!

 

観てくださいこれを!

 

出典:https://www.shimogamosaryo.co.jp/

 

美しいですよね?

まず、眼で楽しむ料理!

インスタ映えする事、間違いなし!

色とりどりで綺麗で、どれから箸をつけたらよいものか?と、迷ってしまう程の美しさです!

 

この写真を見ていて、本当にどれから食べようか迷いはじめたのは、、、

内緒です(笑)

 

これを観ていると、食べてみたく、行ってみたくなりますよね!

 

そこで!

気になるのはお値段です!

 

お値段はお昼の懐石で、13000円〜25000円くらい。

まぁ〜当然ながら、安くはないお値段です。

毎週の様に気軽に足を運ぶ、、、とは行かないと思います。

それでもやっぱり何か特別な日などで、1度は食べてみたい、行ってみたいと強く感じさせる物が、この下鴨茶寮にはあると思います。

スポンサーリンク

 

まとめ

 

小山薫堂(放送作家・脚本家)として活躍

京都の料亭「下鴨茶寮」の代表取締役社長だった!

 

ちなみに、お庭を眺めながら過ごす午後の優雅なひととき、和のアフタヌーンティーと題した和菓子とお抹茶ですと、5000円くらいみたいです。

下鴨茶寮、気になった方は、まずはこちらから如何でしょうか?

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました